新年明けましておめでとうございます。
 法人会の皆様には新しい年を、期待を持ってお迎えの事と思います。本年も一般社団法人上田法人会の活動や運営に変わらぬご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。
 昨年秋の台風19 号により当地域を含め広範囲に大きな災害をもたらされました。災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様ならびに関係団体の方々に謹んでお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 さて、昨年は、新天皇陛下が即位され元号が「平成」から「令和」に変わり新たな時代を迎えました。しかし、国際面では米中の貿易摩擦が表面化して我が国経済に影響を及ぼし、英国のEU 離脱問題など世界各国で自国利益優先の保護貿易主義の動き等が見受けられました。また、国内では、秋の台風被害だけでなく多くの自然災害に見舞われ自然の猛威を大いに感じる年であり、税制面では、消費税率8% ⇒ 10% への変更が実施され、課題が多いとされた消費税軽減税率制度が施行された年でありました。
 昨年の当会の事業においては、皆様のご理解とご協力により事業計画通り進捗することができました。特に、主要事業である税の啓発を中心とする活動や地域社会への貢献活動が、青年部および女性部の柔軟な発想と機敏な行動力によりその役割を積極的に果たして頂きました。とりわけ、青年部による「租税教室」は11 小学校13 教室で実施されており、女性部による「税に関する絵はがきコンクール」も7 小学校からハガキの応募を受けるなど、次世代を担う児童たちに税の意義や役割を正しく理解して頂ける事業を今までになく拡大・定着をしていただいています。両部部員の皆様のご尽力に、敬意を表すところであります。大変お疲れ様でございます。
 今年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。国内外から多くのアスリートが集まるだけでなく観戦される方も大勢海外から入国されます。大会が波及します経済効果は大変大きなものとなると思われます。アスリートの活躍を含め平和の祭典を楽しみにするとともに、大会が盛大にまた、無事挙行されますことを祈るところでございます。
 上田法人会は一般社団法人化して今年4 月で8 年目を迎えます。法人会本来の使命である「税のオピニオンリーダー」として、啓蒙・啓発活動、地域社会の振興活動の一層の充実に引き続き努力してまいります。昨年も上田市長をはじめ管内の3 市2 町1 村の首長と議会議長、並びに地元選出の国会議員に「令和2 年度税制改正要望」を提言してまいりました。税に関して地元で活躍する企業の意見を届けることに大きな意義があると感じています。令和2 年の年頭に当たり法人会の使命を、会員の皆様をはじめ、地域社会全体で作り上げていくことを誓い、あいさつとさせていただきます。
 今年が会員の皆様にとって良い年であることを祈念しています。

一般社団法人 上田法人会
会長 出田 行徳